とっぷぺーじ

since 2000.10.07.
おふぃす
ひげうさぎ WHO?
お役立ちリンク
出席簿
濫読の記
ひげうさぎの本
∇よみもの
webたまてばこ
小学生の日記教室
頭の体操
図書室
メールマガジン

∇アルバム
こどもたち
図工作品集
ひめの部屋
「湘南」
∇オアフの風
写真集&旅行記
∇ひろば
うさぎの黒板
こどもの黒板
おえかき黒板
ついったー
めーる
メールはこちら


こどもの本をご紹介

図書室

おふぃす ひげうさぎ




毎日5分ずつ、すきまの時間をつかって本を読み聞かせています。

じっと見つめる子どもたちの目と、物語に聞き入る教室の雰囲気が大好きです。



このページでは、2年生の1学期にとりあげた本をご紹介します。

書店や図書館で見かけたら、手にとってみてください。


↓ click! ↓

児童書新刊情報



『アカネちゃんのボーイフレンドのつかまえかた』(森峰あきら/ポプラ社)

1995年☆900円


アカネちゃんは忍者のお師匠さまの乗っているきんとうんが欲しくてたまらない。

苦労のすえにようやくつかまえることのできたきんとうんに乗って...。

アカネちゃんシリーズ3作中の2作目です。

ただし、現在は書店では入手不可能。

著者の森峰あきらさんが管理しているWEBサイト「豆の木書店」で、電子本のスタイルで読むことができます。

「豆の木書店」発行の「キッズ・ジョーク」は愛読しているメルマガのひとつです。

    ↓

  豆の木書店

2003-04-26-Sat


『ぶたぬきくん』(斉藤 洋/佼成出版社)

1998年☆1100円


2年2組で今日から読み聞かせを始めた本です。

のんきすぎるぶたの生活にあきあきしたぶたぬきくんは、ある日あやしいぶたを追って牧場を出ていきます。

絵本の『ぶたぬきくん〜へいく』シリーズのもとになった本です。

斉藤洋(さいとうひろし)のほかの本もおすすめ。

    ↓

  『ぶたぬきくん』

2003-05-08-Thu


『夜にくちぶえふいたなら』(たかどのほうこ/旺文社)

1998年☆1238円


遠足の前の晩、ミツオとノンコの部屋にねこがやってきた。

飼われていた三河屋を逃げ出してきたというが...。

軽いユーモアにつつまれた、ほのぼのあったかいストーリーです。

残念ながら市内の図書館に蔵書はないようです。

    ↓

  『夜にくちぶえふいたなら』

2003-05-24-Sat


『かいじゅうでんとう』(木村裕一/あかね書房)

1994年☆854円


ひろった懐中電灯のスイッチを入れると、ボワンッとかいじゅうがでてきた。

どことなくたよりなく、へんなことばづかいをするこのかいじゅうが、たのみごとをなんでも聞いてくれるという。

そこでぼくは手はじめに...。

幸運なことに、この本と続編の『でたぞ! かいじゅうでんとう』の両方とも、学校の近くのT図書館にあります。

木村裕一は大ヒット作『あらしのよるに』シリーズを書いた人です。

    ↓

  『かいじゅうでんとう』

2003-05-24-Sat


『ノートにかいたながれ星』(岡田なおこ/講談社)

1996年☆1165円


ぼくとさとしくんは「きちょうなたいけん」を集めてノートに書くことにした。

生卵をまるのまま飲み込んだり、階段の5段目から飛びおりたり。

ある日、さとしくんのひいおじいちゃんがなくなった...。

どのクラスで読んでも、爆笑、そしてしみじみ。

低学年の読み聞かせリストにはかならず入れる、超オススメの本です。

市内の別の図書館にあるので、取り寄せてもらうとT図書館で借りることができます。

    ↓

  『ノートにかいたながれ星』

2003-05-24-Sat


『2年2組はいく先生 松井ばしょうくん』(那須正幹/ポプラ社)

2003年☆900円


クラスと同じ「2年2組」を冠した本です。

ご当地ソングならぬご当地本≠ナすね。

松井ばしょうくんはお父さんの影響で俳句をつくるようになりました。

  ぴょんぴょんと かえるとびだす たんぼ道

ズッコケの那須正幹の作品です。

    ↓

  『2年2組はいく先生 松井ばしょうくん』

2003-06-16-Mon


『おにの赤べえ』(寺村輝夫/理論社)

1997年☆1000円


しばらく教室もの≠ェつづいたので、こんどは昔話です。

人間のおとなになるために人間の村にやってきた小さなおに。

「人間にこわがられないためになんでもさかさまにしろ」

と言われてきたので、まずはさかだちして歩きました。

ぼくは王さま、かいぞくポケットなどを書いている寺村輝夫の作品です。

    ↓

  『おにの赤べえ』

2003-06-16-Mon


『魔法の勉強はじめます』(内田麟太郎/童心社フォア文庫版)

1987年☆540円


『魔法の勉強はじめます』(内田麟太郎/童心社フォア文庫版) かわいいかおり≠ソゃんは魔女になりたくてたまりません。

そんなかおりちゃんのところに本物の魔女があらわれ、魔法の勉強をはじめます。

1週間の勉強のさいごにあたえられた試験問題は...。

市内の別の図書館に蔵書があります。

    ↓

  『魔法の勉強はじめます』

これで1学期11冊。

まもなく夏休みです。

2003-07-05-Sat



こんなメルマガを配信しています

子どもと本をつなぐ情報誌
「やっぱり本が好き!」


詳細はこちらから


読者登録はこちらから

(メールアドレスをご記入ください)