とっぷぺーじ

since 2000.10.07.
おふぃす
ひげうさぎ WHO?
お役立ちリンク
出席簿
濫読の記
ひげうさぎの本
∇よみもの
webたまてばこ
小学生の日記教室
頭の体操
図書室
メールマガジン

∇アルバム
こどもたち
図工作品集
ひめの部屋
「湘南」
∇オアフの風
写真集&旅行記
∇ひろば
うさぎの黒板
こどもの黒板
おえかき黒板
ついったー
めーる
メールはこちら


こどもの本をご紹介

図書室

おふぃす ひげうさぎ




毎日5分ずつ、すきまの時間をつかって本を読み聞かせています。

じっと見つめる子どもたちの目と、物語に聞き入る教室の雰囲気が大好きです。



このページでは、2年生の2学期にとりあげた本をご紹介します。

書店や図書館で見かけたら、手にとってみてください。






『ふたりでまいご』(いとうひろし/徳間書店)

2002年☆1300円


 教職について約20年。これまでに300人ばかりの子を担任してきました。その経験の中で、しっかりものの姉とやんちゃな弟という組み合わせの姉弟がとても多く、強く印象に残っています。

 あの学校で担任した女の子もそうでした。あの学年にいた女の子にもやんちゃ坊主の弟がいました。そういえば、あのときのきかん坊にはとてもしっかりしたお姉さんがいましたっけ。

 それも、どうも2歳ちがいというのが最も多い組み合わせのようです。あれ、我が家もそうかもしれません。なぜかわかりませんが、不思議なものです。

 この物語に出てくる姉弟も同じです。“わたし”は世界一のおねえちゃんなのに、弟ときたら甘い顔をしているとすぐに調子にのるし、にくたらしくていうことはきかないし、大切なライオンのぬいぐるみはこわしてしまうし、段ボールにつめこんでどこかへ送ってしまいたいくらいです。

 という冒頭の数ページを読んだだけで、クラスのしっかりもののお姉さんたちが、
「うんうん、うちの弟もそう」
「ほんとに捨てちゃいたいくらい」
 と共感してつぶやくのが聞こえてきます。

 もちろん、いつもまとわりついてくる妹にうんざりしているお兄ちゃんも、うるさい兄や姉におさえつけられている妹や弟も、自分にひきつけて聞き始めます。

 こうなればしめたもの。読み聞かせのペースはもうこっちのものです。

 世界一のおねえちゃんである“わたし”は弟をきたえて“世界一の弟”にするために、センジンノタニに出かけることにしました。

   ………………………………………………………………………………
   「ちょっと、だいちゃん、こっちにきなさい。
   いまからおねえちゃんが、あんたをきたえてあげる」
   「たこ、あげる」
   「ちがうちがう。きたえて、あげる、の。
   きっと、となりのけんちゃんより、強くなれるわよ」
   「つおくなる?」
   「そうよ」
   「えいえい、おー! だね」
   「そう、そう」
    なんてたんじゅんなんだろう。
   ………………………………………………………………………………


 けれど、おとうとだけをセンジンノタニに置いて帰ってくるつもりだったのに、二人いっしょに迷子になってしまいました。
 さて、おねえちゃんとおとうとのユーモラスな、ちょっと変わった冒険は、このあとどうなるのでしょう。

 2年生の2学期、最初の読み聞かせに選んだのは「いとうひろし」のこの本でした。いとうの物語はいつでもやさしく、おかしく、そしてあたたかです。

 姉と弟、そのほかの登場人物のやりとりがテンポのよい漫才を彷彿とさせ、読み聞かせの醍醐味を味わうことができます。

 ただ、事前に読んでセリフの主を本にメモ書きしておいたほうがよいかもしれません。弟のつもりでとぼけた調子で読んだのに、それが姉の言葉だったりすると、大いにあせります。ほんのわずかの手間をかけておくと、安心して読み聞かせることができますよ。

    ↓

  『ふたりでまいご』

2006-03-05-Sun



こんなメルマガを配信しています

子どもと本をつなぐ情報誌
「やっぱり本が好き!」


詳細はこちらから


読者登録はこちらから

(メールアドレスをご記入ください)