とっぷぺーじ

since 2000.10.07.
おふぃす
ひげうさぎ WHO?
お役立ちリンク
出席簿
濫読の記
ひげうさぎの本
∇よみもの
webたまてばこ
小学生の日記教室
頭の体操
図書室
メールマガジン

∇アルバム
こどもたち
図工作品集
ひめの部屋
「湘南」
∇オアフの風
写真集&旅行記
∇ひろば
うさぎの黒板
こどもの黒板
おえかき黒板
ついったー
めーる
メールはこちら


こどもの本をご紹介

図書室

おふぃす ひげうさぎ




毎日5分ずつ、すきまの時間をつかって本を読み聞かせています。

じっと見つめる子どもたちの目と、物語に聞き入る教室の雰囲気が大好きです。



このページでは、2年生の2学期にとりあげた本をご紹介します。

書店や図書館で見かけたら、手にとってみてください。



↓ click! ↓

児童書新刊情報



『のらいぬクロの冒険』(那須正幹/毎日新聞社)

2003年☆1200円


 飼い主に捨てられた子犬のクロは、公園で出会った母親がわりのシロといっしょに暮らしていました。
 そんなクロがある日暴走族につかまってしまい、哲雄という少年の家で飼われることになります。

 荒れた生活をしていた哲雄は、クロの世話をするうちにだんだんと心もほぐれてきて、学校にも通いはじめました。

 しかし、クロと散歩していた哲雄の前に、かつての仲間があらわれます。

   ………………………………………………………………………………
   「おまえ、近ごろつきあい悪いなあ。まさか、犬っころのめんど
   う見るのがいそがしくて、おれたちとつきあえないわけじゃねえ
   よなあ」
   「そういうわけじゃないっす。学校もいそがしいし...」
    哲雄がもぞもぞ答えたとたん、鈴木が、ずいと前に出ました。
   「おまえが、前からおれたちと縁を切りたがってたのはわかって
   る。しかしな、それなら、きっちりあいさつをしてからにしてく
   れよな」
    鈴木がにやりと笑い...
   ………………………………………………………………………………


 2年生の秋に読み聞かせた本です。

 捨て犬、暴走族、けんかなど世の中の負の面も描写されていますが、担任が読んであげることで子どもたちは安心して物語の世界にひたることができます。
(「教育的配慮」からの解説は必要最小限にしたほうがよいでしょう)

 本文122ページ。1日5分ずつで15回、読み終えるまで3週間かかりましたが、子どもたちは飽きずに最後まで聞いてくれました。

 読み方の上手下手よりも、ストーリーの力が子どもたちの心をとらえたのだと思います。
 少年と子犬のあいだに芽生える友情、子犬を思う母犬の心...全編をつらぬくあたたかさが魅力です。

 もともとは毎日新聞に1か月連載されたもの。
 “カラーインクの妖精”永田萌のイラストがふんだんに使われているのもファンにはたまりません。

    ↓

  『のらいぬクロの冒険』

2004-02-08-Sun



こんなメルマガを配信しています

子どもと本をつなぐ情報誌
「やっぱり本が好き!」


詳細はこちらから


読者登録はこちらから

(メールアドレスをご記入ください)