とっぷぺーじ

since 2000.10.07.
おふぃす
ひげうさぎ WHO?
お役立ちリンク
出席簿
濫読の記
ひげうさぎの本
∇よみもの
webたまてばこ
小学生の日記教室
頭の体操
図書室
メールマガジン

∇アルバム
こどもたち
図工作品集
ひめの部屋
「湘南」
∇オアフの風
写真集&旅行記
∇ひろば
うさぎの黒板
こどもの黒板
おえかき黒板
ついったー
めーる
メールはこちら


メールマガジン

やっぱり本が好き!

バックナンバー







━━《子どもと本をつなぐ情報誌》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇◇◇                             ◇
◇◇◇◇    ◆ やっぱり本が好き!               ◇◇
◇◇◇                             ◇◇◇
◇◇                             ◇◇◇◇
◇                             ◇◇◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ No.069☆2009-06-14 ━



           毎日15分でみんな本好きに!

    『ひげうさぎ先生の子どもを本嫌いにする9つの方法』の
    著者による、不定期刊行のメールマガジンです。
    本好きな子どもを育てるお役立ち情報を、
    読み聞かせなど読書活動20年の小学校教師がおとどけします。



〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃
              ★ め に ゅ う ★
〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃


 【1】やっぱり本が好き : 高学年の一番人気

 【2】濫読の記2009 : ひとくち書評〜読み聞かせとひとり読み

 【0】創刊のごあいさつ : 毎日15分で本好きな子に!



  ┌─ 今日の戯句 ──────────────────────┐
  │                             │
  │   にふはいのほんをまくらにたかいひき         │
  │                             │
  └────────────────────── ひけうさき ─┘



┌─┐
│1│やっぱり本が好き:子どもの本のお役立ち情報をおとどけします
└─┘================================================================

            ▼ 高学年の一番人気 ▼

======================================================================


 読みはじめたきっかけは『子どもに本を買ってあげる前に読む本』にあっ
 たつぎの一文でした。

   いま、小学校高学年の一番人気は『IQ探偵ムー』シリーズです。

◆『子どもに本を買ってあげる前に読む本』(赤木かん子/ポプラ社)
                    ⇒ http://tinyurl.com/cyzz6x


 『IQ探偵ムー』がジャイブのカラフル文庫にあることは知っていました
 が、「小学校高学年の一番人気」までの認識はありませんでした。

 “子どもの本にくわしい校長先生”の名折れです。遅れてはならじと、さ
 っそくぜんぶ手にいれ読んでみました。


◆『IQ探偵ムー』(深沢美潮/カラフル文庫)
                    ⇒ http://tinyurl.com/nz6zwh

 銀杏が丘第一小学校の5年1組を舞台に、どこからともなくやってきたふ
 しぎな天才少女茜崎夢羽(あかねざき むう)が、身のまわりにおきる謎
 をいともかんたんに解いていくようすをお調子者のクラスメイト 杉下元
 (すぎした げん)の視点で語っていく、という設定です。


 シリーズは2009年1月に12冊目が刊行されたところ。

  『そして、彼女はやってきた。』
  『帰ってくる人形』
  『アリバイを探せ!』
  『飛ばない!? 移動教室 上・下』
  『真夏の夜の夢羽』
  『あの子は行方不明』
  『秘密基地大作戦 上・下』
  『時を結ぶ夢羽』
  『浦島太郎殺人事件 上・下』


 1編を構成するストーリー、そのカギとなるトリック、そして夢羽や元な
 どのキャラクターがはっきりとしてきて、3冊目あたりから“読むとはま
 る”シリーズになった感じがします。

 そして、(おそらく8冊目あたりから)イラストに描かれている夢羽の顔
 (というか雰囲気というか)が微妙に変わっています。正体不明でエキゾ
 チックな女の子という感じがうすれ、万人うけするかわいらしい表情にな
 りました。

 表紙を見た瞬間に

   「ムーが変わった!」

 と言った子がいるので、たしかでしょう。


 ところで、同じ著者による『IQ探偵タクト』というシリーズもカラフル
 文庫から出版されています。


◆『IQ探偵タクト』(深沢美潮/カラフル文庫)
                    ⇒ http://tinyurl.com/mb2n4k

 銀杏が丘市のとなり、楓町にある楓陽館という私立小学校を舞台に、切れ
 者で変わり者の新聞部長、6年生の 渋沢拓斗 の謎解きを拓斗にあこがれ
 る5年生 折原未来 の視点で語っていく、という設定です。

 『ムー』の途中から刊行がはじまって、2008年7月に3冊目が出たと
 ころ。

  『密室小学校』
  『ダンジョン小学校』
  『桜の記憶』


 『ムー』が男の子の視点で美少女を描いているのにたいして、『タクト』
 は美少年探偵を女の子の視点で描いています。

 ということは、『ムー』を読むのは男の子で、『タクト』を読むのは女の
 子、そうして2つのシリーズが独立並行して(けれどときに交差して)進
 行していく...なるほど、うまくつくられています。


 校長室に開設した“ひげうさぎ文庫”の人気シリーズがまたひとつふえま
 した。



┌─┐
│2│濫読の記2009:ひとくち書評〜読み聞かせとひとり読み
└─┘================================================================


◆『マイナークラブハウスの森林生活』(ピュアフル文庫/木地雅映子)
                    ⇒ http://tinyurl.com/n53f4w

 有名私立高校の一角にとりのこされたように建つ弱小文化部の部室棟を舞
 台に、そこにつどう部員たちの青春を描くシリーズの2作目。
 (...前回とおなじ説明)

 章ごとに語り手が変わっているのは前作と同様。脇役だった奈緒志朗や担
 任の先生にも視点があてられ、天然少女ぴりかの過去も明らかになってい
 く。

 校長室に出入りする6年生がこの本を2冊とも読んで気に入ったと話して
 いた。


◆『どがでもバンドやらいでか!』(丁田政二郎/ピュアフル文庫)
                    ⇒ http://tinyurl.com/kt8bc2

 高3男子がバンドを組み、学園祭でカシオペアを演奏する話、というのが
 ストーリーの骨格で、80年代の鳥取という設定がくわわり、主人公は柔
 道部所属の純体育会系ギタリスト、バンドにくわわるメンバーがユニーク
 なキャラの持ち主とくれば、みごとな青春小説にしあがるというしだい。

 携帯電話のなかった時代の高校生活があざやかに描かれている。

 「ジャイブ小説大賞」の優秀賞が文庫になったもの。『マイナークラブハ
 ウス』といいこの本といい、初出が文庫というのはありがたい。


                 ◇


 ほかに、注目している(=新刊をかならず読む)作家さんの新作が3点、
 ごくかんたんに。


◆『世界がぼくを笑っても』(笹生陽子/講談社)
                    ⇒ http://tinyurl.com/llb92z

 たよりなさそうな新担任とかかわる中学2年の男子。


◆『14歳のノクターン』(さとうまきこ/ポプラ社)
                    ⇒ http://tinyurl.com/mlekt8

 1960年の私立中学に通う女子中学生。


◆『レッドシャイン』(濱野京子/講談社)
                    ⇒ http://tinyurl.com/lf877o

 ソーラーカーレースに熱中する高専生たち。


                 ◇


◆『読み聞かせでのびる子ども』(平井・松居ほか/エイデル研究所)
                    ⇒ http://tinyurl.com/m9aqey

   読み聞かせと読書の大切さを正しく認識するためには、
   読み聞かせは読書体験の前段階であるという誤った認識を
   まず捨てる必要があると思います。なぜ誤っているかと言いますと、
   子どもにとって読んでもらうという体験と自分で読むという体験は、
   本来まったく別の体験だからです。
                             (松居 友)

 「絵本の“読み聞かせ”から活字の多い本の“ひとり読み”につなげるに
 はどうしたらよいか」という子育て情報誌の取材をうけることになったと
 き、とっさにうかんだのがこの一節だった。



           *  *  *  *  *


 今回の記事も“ひげうさぎ”がじっさいに校長を務めている私立小学校の
 学校ブログ「平和の窓+」に連載した原稿をもとにしています。


    *「ひとくち書評19」
          ⇒ http://www.heiwagakuen.jp/2009/06/090612.html


    *「ひとくち書評」〜まとめて
              ⇒ http://www.heiwagakuen.jp/cat5/cat16/


           *  *  *  *  *



★まもなく半年経過、150冊まであと数冊。

 *「濫読の記」は
       こちら ⇒ http://www.higeusagi.com/randoku/randoku.htm



◆はじめてみませんか、毎日5分の「読み聞かせ」!

 *読み聞かせおすすめ本のリストは
         こちら ⇒ http://www.higeusagi.com/library/menu.htm



             ★ こちらもどうぞ ★

◆マガジンのバックナンバーは、下記から検索することができます。

 *各号の「めにゅう」はこちら
    ⇒ http://www.higeusagi.com/wtnavi/navi.cgi?mode=part&part=10



◆「webたまてばこ」には教育のヒントが満載!

 *2冊の著書が生まれたのは
  こちら ⇒ http://www.higeusagi.com/wtnavi/navi.cgi?mode=ranking



 ・…†───────────────────────────†…・

    “ひげうさぎ先生”が校長を務める私立小学校のブログです

          「平和の窓+ ☆ 平和学園小学校」
           http://www.heiwagakuen.jp/

          新しい時代に通用する伝統の教育

     さわやかな湘南の風を校長室から毎日おとどけしています

 ・…†───────────────────────────†…・



 新しく読者になってくださったみなさん、はじめまして。
 数あるマガジンの中から目にとめてくださり、ありがとうございます。

 継続して読んでくださっているみなさん、ごぶさたしております。
 いつもいつも駄文におつきあいくださり、心から感謝申しあげます。

 2月以来、3か月ぶりの発行です。毎月発行とはいきませんでしたが、半
 年ぶりにはならなかったことに免じ、どうぞご容赦ください。

 ではみなさん、また次回!
                             ひげうさぎ



   **PR************** 著者サイン本あります **************PR**

      「子どもを本嫌いにする方法」が本になりました!
                 ↓
    ◆『ひげうさぎ先生の子どもを本嫌いにする9つの方法』◆

      〜親と子と教師のための読み聞かせブックガイド〜
       http://www.higeusagi.com/top/bk01hongirai.htm


               * * *


      「ひげうさぎ文章教室」も本になりました!
                 ↓
      ◆『ひげうさぎ先生のだれでも書ける文章教室』◆

    〜このコツとこのネタで だれでも日記・作文が上達する!〜
       http://www.higeusagi.com/top/bk02bunshou.htm

   **PR************** リンクをご覧ください **************PR**



┌─┐
│0│創刊のごあいさつ:毎日15分で本好きな子に!
└─┴────────────────────────────────

  <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   毎日かならず5分、本の読み聞かせをしています。
   毎日かならず10分、読書タイムをとっています。
   毎日の15分を1年間つづけると、かならず本好きになります。
   そんな情報のあれこれをお伝えしたくて創刊したマガジンです。
   末永くおつきあいのほど、よろしくお願いします。

                    2004.02.08. ひげうさぎ拝

  >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


           ☆★☆ 3つのお願い ☆★☆

     コンテンツご利用の際は発行人までご連絡ください。
     お知りあいへのメルマガ転送はどうぞご自由に。
     デザインがくずれる場合は等幅フォントでご覧ください。


           ☆★☆ おことわり ☆★☆

 当マガジン&サイトはアマゾンアソシエイトプログラムを利用しています。
 文中の 書籍URL は Amazon.co.jp にリンクしています。
 相互紹介・告知・広告等は諸般の事情でお受けしておりません。



**** 読書はエンタテインメントだ! ************************************

 発 行 人 ひげうさぎ     webmaster★higeusagi.com(★⇒半角@)
 発 行 所 おふぃす ひげうさぎ http://www.higeusagi.com/
 配  信 まぐまぐ      http://www.mag2.com/m/0000125457.htm
 登録解除 手続きはこちらから http://www.higeusagi.com/mm/mm.htm

****************************** Copyright(c) 2009 OFFICE HIGEUSAGI ****



このメールマガジンは「まぐまぐ」を通じて配信されます
発行者には読者のアドレスなどの個人情報はいっさい知らされません
読者登録はもちろん無料です

「まぐまぐ」のマガジン個別ページはこちら
↓   ↓   ↓
「やっぱり本が好き!」

「やっぱり本が好き!」バックナンバーはこちら
↓   ↓   ↓
バックナンバー


メールアドレスを
ご記入ください

Powered by まぐまぐ