とっぷぺーじ

since 2000.10.07.
おふぃす
ひげうさぎ WHO?
お役立ちリンク
出席簿
濫読の記
ひげうさぎの本
∇よみもの
webたまてばこ
小学生の日記教室
頭の体操
図書室
メールマガジン

∇アルバム
こどもたち
図工作品集
ひめの部屋
「湘南」
∇オアフの風
写真集&旅行記
∇ひろば
うさぎの黒板
こどもの黒板
おえかき黒板
ついったー
めーる
メールはこちら


メールマガジン

やっぱり本が好き!

バックナンバー







━━《子どもと本をつなぐ情報誌》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇◇◇                             ◇
◇◇◇◇    ◆ やっぱり本が好き!               ◇◇
◇◇◇                             ◇◇◇
◇◇                             ◇◇◇◇
◇                             ◇◇◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ No.070☆2009-07-27 ━



           毎日15分でみんな本好きに!

    『ひげうさぎ先生の子どもを本嫌いにする9つの方法』の
    著者による、不定期刊行のメールマガジンです。
    本好きな子どもを育てるお役立ち情報を、
    読み聞かせなど読書活動20年の小学校教師がおとどけします。



〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃
              ★ め に ゅ う ★
〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃


 【1】やっぱり本が好き : 池田美代子さんのサイン会

 【2】濫読の記2009 : ひとくち書評〜夏休みには“夏休みの本”を

 【3】めでぃあ掲載情報 : 『日経Kids+』に掲載されました

 【0】創刊のごあいさつ : 毎日15分で本好きな子に!



  ┌─ 今日の戯句 ──────────────────────┐
  │                             │
  │   なつやすみとくしよさんまいうふふふふ        │
  │                             │
  └────────────────────── ひけうさき ─┘



┌─┐
│1│やっぱり本が好き:子どもの本のお役立ち情報をおとどけします
└─┘================================================================

          ▼ 池田美代子さんのサイン会 ▼

======================================================================


◆『ガラスの指輪』(池田美代子/青い鳥文庫)
                    ⇒ http://tinyurl.com/lwfplv

 青い鳥文庫に移籍した「新妖界ナビ・ルナ」の第1弾です。

 ソウラ、ふうりとともに人間界にもどってきたルナ。持ち去られた「悠久
 の玉」のゆくえを追ううちに、原因不明の山火事がつづく町で花南(かな)
 という中学生に出会います。


◆フォア文庫版『妖界ナビ・ルナ』シリーズ12冊は
                 こちら ⇒ http://tinyurl.com/nlf9ol


                 ◇


 いま「ナビ・ルナ」で小学校中高学年の女の子に大人気、池田美代子さん
 のサイン会に行ってきました。


 会場に着いたのはサイン会がはじまる20分ほど前。指定された場所には
 すでに10人くらいが列をつくっています。

 見れば小学校高学年から中学1年生くらいの女の子ばかり。ここにならぶ
 のはさすがに気後れします。列がもっと長くなるまで待ってからさりげな
 くくわわろうか、それともすぐにならぼうか、迷うところです。

 以前はやみねかおるさんのサイン会におくれて参加したとき、順番がまわ
 ってくるまで長時間ならんでいたことを思い出し、ポーカーフェイスで列
 の最後尾につくことにしました。


 手持ちぶさただったので、行列を整理している方に声をかけました。

   「こちらではサイン会がよくあるんですか」

   「有隣堂は本店が横浜ですからそちらが多いですね。
    ほかの書店でサイン会をするならやはり東京が中心でしょう」

   「では、今回はとてもめずらしいのですね」

   「池田さんも全国区の方なのでふつうは東京なのでしょうが、
    二宮におすまいの地元ということで藤沢でやることになったのです」


 今回のサイン会情報を知ったのは、講談社のメールマガジン「BOOK倶
 楽部メール」の6月15日号にあった記事でした。


 ★青い鳥文庫『新 妖界ナビ・ルナ』刊行記念 池田美代子さんサイン会
  6月27日(土)14:00〜 有隣堂藤沢店 3Fコミック王国
  ※要整理券…本書(6/17頃発売)をお買い上げの方に配布されます


 いつものようにななめ読みしているとこの告知が目にとびこんできて、
 「え、藤沢の有隣堂で?」
 学校の最寄り駅の隣の駅、自宅からはバスで10分といったところ。校務
 のない土曜日ですから行かない手はありません。

 念のため有隣堂のサイトで確認し、すぐにムスメにメールして、学校帰り
 に書店に寄って買ってきてもらい、整理券を首尾よく手にいれることがで
 きた、というしだいです。


 さて、開始予定の2時直前には、3階から4階にかけての階段にずらっと
 列がつづいていました。その上はどこまでならんでいるかわかりません。

 見える範囲で男性はごく少数。子どもを連れたお父さんは2人ほどいまし
 たが、オジサン一人でならんでいるのはただ一人。高学年くらいの男の子
 が一人いて、妹のかわりに来たと言っていました。


 そんなことを思いめぐらしているところへ階上の空気が動き、階段をおり
 てきた4、5人の方が目の前を通りすぎていきました。書店の方、編集部
 の方、そして今日の主役 池田美代子さん でした。いよいよサイン会がは
 じまります。

 前から5人がよばれて待機場所に移動、そこから一人ずつ池田さんの前に
 すすみ出ます。

 ちょうど十番目。9人目までは女の子ばかりです。友だちどうしでならん
 でいたり、いずこからともなく親御さんがあらわれて写メをとったりして
 います。

 池田さんのサイン会に参加する顔ぶれからいって、やはり場違いの感は否
 めません。月並みな表現ながら心臓がドキドキバクバクしてしかたありま
 せんでした。


 十分ほどで順番が来て、池田さんの前にならぶと、あちこちから視線を感
 じます(自意識過剰か...)。

   「とつぜんこんなのがあらわれてすいません」

   「お子さんのぶんですか」

   「いえいえ、小学校の校長をしておりまして」

 と言いながら「平和学園小学校」「ひげうさぎ」とサインの宛名をしるし
 た整理券を差し出しました。すると池田さんの表情がぱっとかわり、

   「ホームページ、拝見しています」

 とおっしゃってくださったではありませんか。

   「いやぁ、ありがとうございます。
    ルナはとても人気のある本で、今日のサイン本を月曜日に
    借りようとたのしみにしている子がたくさんいるんです」

 あとは何をお話したのかよくおぼえていません。一滴の酒精もなしに羽化
 登仙、舞いあがったままでした。


 時間にして2分かそこらだったでしょう。さいごに係の方が、

   「お写真は?」

 と聞いてくださいましたが、遠慮しました。
 (だって、池田さんとツーショットなんて、はずかしいでしょ)


 というわけで、平和学園小学校宛の「新妖界ナビ・ルナ」サイン本を2冊、
 いただくことができました。

 なぜ2冊かって? 1冊は学校用、もう1冊は自分用です。


 週明けに子どもたちに紹介し、貸し出しをはじめました。現在4人目の子
 が読んでいて、書棚にはいちどももどってきていません。サイン本のPR
 効果、抜群です。

     ・

     ・

     ・

 そうだ、ムスメに立て替えてもらった本代、返さなくては。



           *  *  *  *  *


 今回の記事も“ひげうさぎ”が校長を務めている私立小学校の
 学校ブログ「平和の窓+」に連載した原稿をもとにしています。


    *「ひとくち書評20」
          ⇒ http://www.heiwagakuen.jp/2009/07/090704.html


    *「ひとくち書評」〜まとめて
              ⇒ http://www.heiwagakuen.jp/cat5/cat16/


           *  *  *  *  *



┌─┐
│2│濫読の記2009:ひとくち書評〜夏休みには“夏休みの本”を
└─┘================================================================


◆『恐竜がくれた夏休み』(はやみねかおる/講談社)
                    ⇒ http://tinyurl.com/lbv3x3

 6年生の美亜、ヒデヨシ、ヒメ、仁は、恐竜ロロを6500万年前にかえ
 すため満月の夜にひらかれるお神輿大会に参加しようとするが...。

 15年のときをかけて完成した「夏休み三部作」の完結編は、恐竜と子ども
 たちのひと夏の物語。


 この夏、はやみね作品が続々と刊行予定。おみのがしなく!

 *はやみねかおるさんの「はやみねな日々」は
      こちら ⇒ http://park1.aeonnet.ne.jp/~hayamine/kaoru.html


◆『カッパのかーやん』(溝江玲子/新日本出版社)
                    ⇒ http://tinyurl.com/m2p2zw

 工事現場の幽霊さがしで祐太とケンが出あったのはカッパのかーやん。開
 発で住むところがなく、動けなくなったかーやんを田舎の川に連れて行こ
 うと、涼香をあわせた4年生3人組がある作戦を思いつく。


◆『カッパのかーやんとひみつの川』(溝江玲子/新日本出版社)
                    ⇒ http://tinyurl.com/kpch9z

 1年前に助けたカッパのかーやんから祐太のもとに結婚式の招待状が届く。
 涼香、ケンといっしょに天の川村を再訪した5年生3人組は、カルト集団
 のかかわるおかしな事件にまきこまれてしまう。


 ほのかな恋もあじわえるひと夏の冒険物語。ストーリーをおうなら3年生
 くらいから、開発と環境破壊、カルト集団といった現代社会のテーマにも
 迫るには高学年におすすめ。


 あるMLを通して著者の溝江玲子さんと知りあうことができ、サイン本を
 頂戴しました(正確には拙著とのブツブツ交換)。

 出版されて13年、ロングセラーをつづける『かーやん』の増刷を記念し
 て、特製ミニうちわのプレゼントがあるそうです。

 *溝江玲子さんのブログ「童話&絵本」は
                 こちら ⇒ http://tinyurl.com/lu2p5z


◆『パスワード悪の華』(松原秀行/青い鳥文庫)
                    ⇒ http://tinyurl.com/krhla6

 マコトとみずきは廃工場で不良グループにからまれ、飛鳥とダイが出場し
 た着ぐるみコンテストには白煙がまいあがる...探偵団には夏休みも事
 件がやってくる。

 一見、なんのかかわりもないエピソードがからみあい、もつれた糸がほぐ
 れるように謎が解けていく。あいまにはさまるクイズ、パズルも脳トレに
 ぴったり。


◆『IQ探偵ムー 春の暗号』(深沢美潮/カラフル文庫)
                    ⇒ http://tinyurl.com/lrhbpx

 元の祖父がのこした書きつけの謎をあざやかに解きあかす「春の暗号」、
 川で見つけたメッセージボトルを流した人をさぐるうちに意外な人物にた
 どりつく「春のメッセージ」、の2編を収録。

 今回も美少女探偵 茜崎夢羽 の人をしあわせにする推理がさえる。大がか
 りなしかけなしにたのしめる、脱力系こどもミステリ。楓陽館の天才少年
 探偵拓斗と未来が脇役で登場するおたのしみもあり。

 春の設定だが、夏休みにも。


★夏休みには本を読もう! 1週間が経過して、現在15冊目に突入。

 *「濫読の記」は
       こちら ⇒ http://www.higeusagi.com/randoku/randoku.htm



┌─┐
│3│めでぃあ掲載情報:管理人サイトのおすすめ情報です
└─┘================================================================

        ▼ 『日経Kids+』に掲載されました ▼

======================================================================


 『日経Kids+(キッズプラス)』という子育て情報誌から取材をうけ、
 7月18日発売の9月号に記事が掲載されました。

 シングルエイジのお子さんをお持ちの方を対象とした雑誌です。よろしけ
 ればどこかでそっと46ページをのぞいてみてください。

◆『日経Kids+』2009年9月号
                 こちら ⇒ http://tinyurl.com/namxqk


 内容は、夏休みにむけた子どもの本の特集のなかで、

  「絵本は好きだったのに活字が増えたとたん本が嫌いになった」

 という悩みに答えられるような絵本から児童書へのステップアップ法、く
 ふうやアイディア、おすすめのブックリストを紹介するものです。

 ライターさんと2時間半お話して、記事になったのは1ページ。ブックリ
 ストも、提案した10冊のうち6冊だけとりあげられていました。


 ものたりなかったぶんは「学校だより」のほうにすこし詳しく「夏休みに
 は本を読もう」と題して書いてみました。興味のある方はこちらもご覧に
 なってください。

    *「平和の窓」65号
          ⇒ http://www.heiwagakuen.jp/2009/07/090718.html
       (このページにあるPDFファイルで読むことができます)



◆はじめてみませんか、毎日5分の「読み聞かせ」!

 *読み聞かせおすすめ本のリストは
         こちら ⇒ http://www.higeusagi.com/library/menu.htm



             ★ こちらもどうぞ ★

◆マガジンのバックナンバーは、下記から検索することができます。

 *各号の「めにゅう」はこちら
    ⇒ http://www.higeusagi.com/wtnavi/navi.cgi?mode=part&part=10



◆「webたまてばこ」には教育のヒントが満載!

 *2冊の著書が生まれたのは
  こちら ⇒ http://www.higeusagi.com/wtnavi/navi.cgi?mode=ranking



 ・…†───────────────────────────†…・

    “ひげうさぎ先生”が校長を務める私立小学校のブログです

          「平和の窓+ ☆ 平和学園小学校」
           http://www.heiwagakuen.jp/

          新しい時代に通用する伝統の教育

     さわやかな湘南の風を校長室から毎日おとどけしています

 ・…†───────────────────────────†…・



 新しく読者になってくださったみなさん、はじめまして。
 数あるマガジンの中から目にとめてくださり、ありがとうございます。

 継続して読んでくださっているみなさん、ごぶさたしております。
 いつもいつも駄文におつきあいくださり、心から感謝申しあげます。

 前回、この部分を書き直さず、前々号と同じまま配信してしまいました。
 ごめんなさい。

 で、今回はメディア掲載情報をもうひとつ。

 地元U局から依頼があり、月末にスタジオに行くことになりました。日本
 語のコミュニケーションをテーマに、小学校長の立場で司会の方にインタ
 ビューをうける、というものです。
 (1時間撮ってオンエアされるのは5分くらいと聞いています)

 なんでもやってみようの精神で、行ってきます。

 ではみなさん、また次回!
                             ひげうさぎ



   **PR************** 著者サイン本あります **************PR**

      「子どもを本嫌いにする方法」が本になりました!
                 ↓
    ◆『ひげうさぎ先生の子どもを本嫌いにする9つの方法』◆

      〜親と子と教師のための読み聞かせブックガイド〜
       http://www.higeusagi.com/top/bk01hongirai.htm


               * * *


      「ひげうさぎ文章教室」も本になりました!
                 ↓
      ◆『ひげうさぎ先生のだれでも書ける文章教室』◆

    〜このコツとこのネタで だれでも日記・作文が上達する!〜
       http://www.higeusagi.com/top/bk02bunshou.htm

   **PR************** リンクをご覧ください **************PR**



┌─┐
│0│創刊のごあいさつ:毎日15分で本好きな子に!
└─┴────────────────────────────────

  <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   毎日かならず5分、本の読み聞かせをしています。
   毎日かならず10分、読書タイムをとっています。
   毎日の15分を1年間つづけると、かならず本好きになります。
   そんな情報のあれこれをお伝えしたくて創刊したマガジンです。
   末永くおつきあいのほど、よろしくお願いします。

                    2004.02.08. ひげうさぎ拝

  >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


           ☆★☆ 3つのお願い ☆★☆

     コンテンツご利用の際は発行人までご連絡ください。
     お知りあいへのメルマガ転送はどうぞご自由に。
     デザインがくずれる場合は等幅フォントでご覧ください。


           ☆★☆ おことわり ☆★☆

 当マガジン&サイトはアマゾンアソシエイトプログラムを利用しています。
 文中の 書籍URL は Amazon.co.jp にリンクしています。
 相互紹介・告知・広告等は諸般の事情でお受けしておりません。



**** 読書はエンタテインメントだ! ************************************

 発 行 人 ひげうさぎ     webmaster★higeusagi.com(★⇒半角@)
 発 行 所 おふぃす ひげうさぎ http://www.higeusagi.com/
 配  信 まぐまぐ      http://www.mag2.com/m/0000125457.htm
 登録解除 手続きはこちらから http://www.higeusagi.com/mm/mm.htm

****************************** Copyright(c) 2009 OFFICE HIGEUSAGI ****



このメールマガジンは「まぐまぐ」を通じて配信されます
発行者には読者のアドレスなどの個人情報はいっさい知らされません
読者登録はもちろん無料です

「まぐまぐ」のマガジン個別ページはこちら
↓   ↓   ↓
「やっぱり本が好き!」

「やっぱり本が好き!」バックナンバーはこちら
↓   ↓   ↓
バックナンバー


メールアドレスを
ご記入ください

Powered by まぐまぐ