とっぷぺーじ

since 2000.10.07.
おふぃす
ひげうさぎ WHO?
お役立ちリンク
出席簿
濫読の記
ひげうさぎの本
∇よみもの
webたまてばこ
小学生の日記教室
頭の体操
図書室
メールマガジン

∇アルバム
こどもたち
図工作品集
ひめの部屋
「湘南」
∇オアフの風
写真集&旅行記
∇ひろば
うさぎの黒板
こどもの黒板
おえかき黒板
ついったー
めーる
メールはこちら


メールマガジン

やっぱり本が好き!

バックナンバー







━━《子どもと本をつなぐ情報誌》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇◇◇                             ◇
◇◇◇◇    ◆ やっぱり本が好き! 〜2010年06月号〜   ◇◇
◇◇◇                             ◇◇◇
◇◇                             ◇◇◇◇
◇                             ◇◇◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ No.077☆2010-06-09 ━



           毎日15分でみんな本好きに!

    『ひげうさぎ先生の子どもを本嫌いにする9つの方法』の
    著者による、不定期刊行のメールマガジンです。
    本好きな子どもを育てるお役立ち情報を、
    読み聞かせなど読書活動25年の小学校教師がおとどけします。



〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃
              ★ め に ゅ う ★
〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃


 【1】やっぱり本が好き : “朝連”復活

 【2】濫読の記2010 : ひとくち書評〜ツイッター版

 【0】創刊のごあいさつ : 毎日15分で本好きな子に!



  ┌─ 今日の戯句 ──────────────────────┐
  │                             │
  │   やすみなくはたらきつつけさつきゆく         │
  │                             │
  └────────────────────── ひけうさき ─┘



┌─┐
│1│やっぱり本が好き:子どもの本のお役立ち情報をおとどけします
└─┘================================================================

             ▼“朝連”復活 ▼

======================================================================


 “ひげうさぎ先生”といえば朝連(=朝の連続小説)、すなわち“毎朝5分
 の読み聞かせ”がトレードマーク。けれど職場を変わって担任をはずれて
 からは思うにまかせず、一枚看板をおろさざるをえないという状況が続い
 ています。心苦しいばかりです。

 しかし、今年度、勤務校の読書活動を進化発展させる一環として担任の先
 生にお願いして毎日5分の時間をつくっていただき、“校長先生の読み聞
 かせ”をすることにしました。“朝連”復活です。


 毎朝の児童礼拝終了後から1校時開始にかけてのすきま時間を利用し、原
 則として毎日5分ずつ、中編を読み聞かせています。

 4月からこれまで4年生に連続17回で1冊、いまは6年生に20回ほど
 の長さの本を読み始めて2週目を迎えたところです。

 「きょうはいつ読むの?」
 「やったー、本だ!」
 「えー、もう終わりー!」

 など、子どもたちが楽しみに聞いてくれているようすが伝わってきて、う
 れしいかぎりです。


 ちなみに、とりあげたのはこの本。
 子どもたちが食いついてくることまちがいなし、“あたり”の2冊です。

◆4年生『さらば、猫の手』(金治直美/岩崎書店)
             ⇒ http://www.higeusagi.com/library/18.htm

◆6年生『竜退治の騎士になる方法』(岡本淳/偕成社)
             ⇒ http://www.higeusagi.com/library/47.htm


 だいじなことをお知らせし忘れるところでした。

 拙著

  『ひげうさぎ先生の子どもを本嫌いにする9つの方法』(柘植書房新社)
          ⇒ http://www.higeusagi.com/top/bk01hongirai.htm

 の初版が版元品切れとなりました!

 お買いあげくださったみなさま、口コミで広げてくださったみなさま、あ
 りがとうございます。(手元にあと2冊だけ残っています)

 現在、編集者さんと「増補のうえ重版」という方向でお話をすすめている
 ところです。詳細が決まりましたら、またお知らせします。


 では、いつもの「ひとくち書評」をどうぞ。
 今回は7冊です。



┌─┐
│2│濫読の記2010:ひとくち書評〜ツイッター版
└─┘================================================================

          ▼ ツイッター版ひとくち書評 ▼

                  ⇒ https://twitter.com/higeusagi
======================================================================


◆『ぶたぶたくんのおかいもの』(土方久功/福音館書店)
                    ⇒ http://tinyurl.com/23qqfvh

 こぶたのぶたぶたくんが初めておつかいに行くほのぼのストーリー。

 おかあさんにおつかいを頼まれて、初めて一人で出かけるぶたぶたくん。
 途中で出会った友だちのかあこちゃん、こぐまくんと一緒に、ぱんやさん、
 やおやさん、おかしやさんと買い物をしていく。

 筒井頼子、林明子の『はじめてのおつかい』もハッチンスの『ベーコンわ
 すれちゃだめよ!』も日テレの「はじめてのおつかい」も(!)、子ども
 にとって“ひとりでおつかい”はどきどきわくわくがいっぱい。

 でも、スーパーやコンビニ全盛のこの時代、ぱんやのにこにこおじさんや
 やおやのはやくちおねえさん、おかしやのゆっくりおばあさんと出会う機
 会はもうないのかもしれない。

 1970年刊の月刊「こどものとも」がオリジナル。
 85年に「こどものとも傑作集」として出版され、シリーズ名が「こども
 のとも絵本」に変わってから、手元にあるのは2009年発行の37刷。

 ロングセラーに魅せられて、子どもたち、おつかいが楽しみになるといい
 な。


◆『アネモネ探偵団』(近藤史恵/メディアファクトリー)
                    ⇒ http://tinyurl.com/288mnbe

 人気ミステリ作家初の児童書、という新聞評に惹かれて読んだ本、大当た
 り。

 私立実生(みしょう)女学院に通う中1の女の子3人組と、背中合わせに
 建つ私立実生中学に通うやはり中1の男の子2人組が、力をあわせて誘拐
 事件の謎を解く。

 5人のキャラクター、巧妙にはられた伏線と謎解き、忍び寄る危険とスリ
 ル、私立中学の学園生活にちょっとしたおあそび、人気女優の華やかな業
 界事情、女子どうし男子どうしそれに男女間の友情...どれをとっても
 一級品。

 おまけにマンガタッチのイラストが描かれた目に鮮やかなピンクのカバー
 とくれば、人気沸騰まちがいなし。

 中心人物として描かれる美少女 智秋(ちあき)のひとこと。

   男の子って、なんてややこしい生き物なのだろう。

 「香港式ミルクティー」でも飲みながら、至福のひとときをどうぞ。

 この夏、理論社ミステリーYA!から新刊が出るとのこと。
                           by twitter 情報


◆『太陽と月のしずく』(池田美代子/青い鳥文庫)
                    ⇒ http://tinyurl.com/2fx9aaa

 「摩訶不思議ネコ・ムスビ」シリーズの6冊目。

 行方不明になった玉ちゃんをシャングリラでさがすいつみ、莉々、ムスビ。
 そっくりの子を見つけ出すが、その前に風龍が立ちはだかる。

   風龍には、わたしたちがどう見えているだろう。
   [中略]
   わたしも盃をえらんだときとおなじ、見えているもの、ではなくて、
   見えないなにかを感じようと決意して、目をとじた。

 太陽(アガリ)遣いと冥府(フカ)遣い、猫の国ニキラアイナ、巫女(ウ
 マリ)に天猫(ラキネコ)...前作の刊行から9か月、シリーズの設定
 と用語を思い出すのにひと苦労。

 子どもはこういうギャップは軽く越えてしまうのだろうが。


◆『リリース』(草野たき/ポプラ社)
                    ⇒ http://tinyurl.com/29pjesn

 YAのヒット作が続く著者の最新作は、中学2年生 明良(あきら)の自
 分発見の物語。

 父の遺志は医者になること。しかし明良は、ほんとうはプロのバスケット
 ボール選手になるという夢を抱いている。

 部活のチームメイト、家族と親戚、そして気になる同級生の女の子がから
 んでもがく“よい子”の明良。

 夢と現実のはざまに悩み苛立ち、とうとうどなるように言ってしまう。

   「おじさんにはオレの将来を勝手に決めたり、おばあちゃんの
    新しい人生に文句つけたりする資格なんてない!」

 これで解決となれば一件落着だが、思春期の葛藤は、まわりのおとなに正
 論をぶつけるだけでリリース(解放)されるほど甘いものではない。

 成長と自己実現には自己変革が必要で、たどりついたところに明良の見出
 したものは...。

   つまり仲間には、
   捨てた夢なんて気にならないぐらいのチカラがあるのだ。

 ポプラ社 teens’best selections シリーズから『ハーフ』『リボン』
 『反撃』に続く4冊目、読後さわやかなひと夏の青春ストーリー。

 「会社員しながら児童書書いてます」という著者の日常はツイッターで。
                  ⇒ http://twitter.com/kusanotaki


◆『ぼくはアイドル?』(風野潮/岩崎書店)
                    ⇒ http://tinyurl.com/2323agk

 女装のアイドル“ミキ”がほんとうの自分を取り戻す物語。
 2003〜04年『朝中』連載の単行本化。

 テレビで人気の美少女“ミキ”は、ほんとうは中学2年生の美樹(ヨシキ)
 が女装して演じる女の子。

 しがらみと誤解と不安を乗り越えて、ヨシキはテレビカメラにむかって
 「男の子宣言」をする。

   「ぼくは今まで、男なのに編み物や料理が得意だなんて
   人前で言うのは恥ずかしいことだと思ってて……[中略]
   編み物が得意なのは全然変なことなんかじゃないし、
   自分の個性なんだから……からかわれたとしても、
   もう気にしない。ほんとうの自分に正直に生きていきたいんです」

 「若おかみ」や「レイチェル」、「ボーイズ・イン・ブラック」で人気の
 “亜沙美”の描くイラストが目をひくが、高学年の男の子にも手に取って
 ほしい本。

 こういうカバーの本を読むのも「個性なんだから」、気にしない気にしない。


◆『テリアさんとぼく』(風野潮/岩崎書店)
                    ⇒ http://tinyurl.com/27493gf

 『ぼくはアイドル?』の続編、2004〜05年「朝中」の連載から。

 交通事故がきっかけで、ヨシキのじいちゃんの魂が編みぐるみのテリアに
 入ってしまう。

 魂を取り戻す方法を探すため、親友の有紗がヨシキに提案したのは、

   「そうだ。ミキっち、また女装してみたらどう?」

 いちどは捨てたはずの女装をして美少女姿になったヨシキは、事故を目撃
 した 詩織 に声をかける。

 じいちゃんに編みぐるみの作り方を習っていた詩織は、あることがきっか
 けで家から出られなくなっていた...。

 重いテーマをユーモアにくるみ、小学校中高学年に。

 こちらの著者もツイッターアカウントあり。
                   ⇒ https://twitter.com/ushio_k


◆『スコアブック4』(伊集院静/講談社)
                    ⇒ http://tinyurl.com/2dzuf28

 『IN★POCKET』連載の単行本化、シリーズ第4作の副題は「誓い
 の渚」。

 チームのメンバーがそろい、ミサキの夢もようやく実現へとむかいはじめ
 るが、リーグ加盟、監督、ユニフォームなど、越えなければならないハー
 ドルはまだまだたくさんある。

 そんなおり、ミサキの「親友」としてチームづくりをサポートする伝説の
 サーファー ロッド が練習場所に姿を見せ、ナインを励ます。

   「ロッド高山だ。この日を楽しみにしていたよ。
    皆で力を合わせて素晴らしいチームになってくれ。
    夢に手をのばして、それをつかもうと懸命にやっていれば、
    必ず夢は君たちの手の中にやってくる。それだけは信じてくれ」

 わざわざメンバー全員の肩をたたき握手したロッドには、ある考えがあった。

 主要な登場人物の一人が退場するこの巻、シリーズ全体の中で転換点とな
 りそうな予感がする。

 『もしドラ』を読んだあとなら、小学4年生の女の子がスコアラーとして
 最強のチームづくりをめざすという設定の物語を“マネジメント”の視点
 から読むとおもしろいかもしれない。



           *  *  *  *  *


 “ひげうさぎ”が校長を務める私立小学校の学校ブログ「平和の窓+」にも
 原稿がエントリされています。


    *「ひとくち書評28」
          ⇒ http://www.heiwagakuen.jp/2010/05/100521.html


    *「ひとくち書評」〜まとめて
              ⇒ http://www.heiwagakuen.jp/cat5/cat16/


           *  *  *  *  *



★今年の読書、6月6日に150冊を突破しました。

 *「濫読の記」は
       こちら ⇒ http://www.higeusagi.com/randoku/randoku.htm



◆はじめてみませんか、毎日5分の「読み聞かせ」!

 *読み聞かせおすすめ本のリストは
         こちら ⇒ http://www.higeusagi.com/library/menu.htm



             ★ こちらもどうぞ ★

◆マガジンのバックナンバーは、下記から検索することができます。

 *各号の「めにゅう」はこちら
    ⇒ http://www.higeusagi.com/wtnavi/navi.cgi?mode=part&part=10



◆「webたまてばこ」には教育のヒントが満載!

 *2冊の著書が生まれたのは
  こちら ⇒ http://www.higeusagi.com/wtnavi/navi.cgi?mode=ranking



 ・…†───────────────────────────†…・

    “ひげうさぎ先生”が校長を務める私立小学校のブログです

          「平和の窓+ ☆ 平和学園小学校」
           http://www.heiwagakuen.jp/

          新しい時代に通用する伝統の教育

     さわやかな湘南の風を校長室から毎日おとどけしています

 ・…†───────────────────────────†…・



   **PR************** 著者サイン本あります **************PR**

      「子どもを本嫌いにする方法」が本になりました!
                 ↓
    ◆『ひげうさぎ先生の子どもを本嫌いにする9つの方法』◆

      〜親と子と教師のための読み聞かせブックガイド〜
       http://www.higeusagi.com/top/bk01hongirai.htm


               * * *


      「ひげうさぎ文章教室」も本になりました!
                 ↓
      ◆『ひげうさぎ先生のだれでも書ける文章教室』◆

    〜このコツとこのネタで だれでも日記・作文が上達する!〜
       http://www.higeusagi.com/top/bk02bunshou.htm

   **PR************** リンクをご覧ください **************PR**



┌─┐
│0│創刊のごあいさつ:毎日15分で本好きな子に!
└─┴────────────────────────────────

  <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   毎日かならず5分、本の読み聞かせをしています。
   毎日かならず10分、読書タイムをとっています。
   毎日の15分を1年間つづけると、かならず本好きになります。
   そんな情報のあれこれをお伝えしたくて創刊したマガジンです。
   末永くおつきあいのほど、よろしくお願いします。

                    2004.02.08. ひげうさぎ拝

  >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


           ☆★☆ 3つのお願い ☆★☆

     コンテンツご利用の際は発行人までご連絡ください。
     お知りあいへのメルマガ転送はどうぞご自由に。
     デザインがくずれる場合は等幅フォントでご覧ください。


           ☆★☆ おことわり ☆★☆

 当マガジン&サイトはアマゾンアソシエイトプログラムを利用しています。
 文中の 書籍URL は Amazon.co.jp にリンクしています。
 相互紹介・告知・広告等は諸般の事情でお受けしておりません。



**** 読書はエンタテインメントだ! ************************************

 発 行 人 ひげうさぎ     webmaster★higeusagi.com(★⇒半角@)
 発 行 所 おふぃす ひげうさぎ http://www.higeusagi.com/
 配  信 まぐまぐ      http://www.mag2.com/m/0000125457.htm
 登録解除 手続きはこちらから http://www.higeusagi.com/mm/mm.htm

****************************** Copyright(c) 2010 OFFICE HIGEUSAGI ****



このメールマガジンは「まぐまぐ」を通じて配信されます
発行者には読者のアドレスなどの個人情報はいっさい知らされません
読者登録はもちろん無料です

「まぐまぐ」のマガジン個別ページはこちら
↓   ↓   ↓
「やっぱり本が好き!」

「やっぱり本が好き!」バックナンバーはこちら
↓   ↓   ↓
バックナンバー


メールアドレスを
ご記入ください

Powered by まぐまぐ