とっぷぺーじ

since 2000.10.07.
おふぃす
ひげうさぎ WHO?
お役立ちリンク
出席簿
濫読の記
ひげうさぎの本
∇よみもの
webたまてばこ
小学生の日記教室
頭の体操
図書室
メールマガジン

∇アルバム
こどもたち
図工作品集
ひめの部屋
「湘南」
∇オアフの風
写真集&旅行記
∇ひろば
うさぎの黒板
こどもの黒板
おえかき黒板
ついったー
めーる
メールはこちら



web『たまてばこ』




教師はつらいよ

 ある小学校で保護者にアンケートをとった。

「家庭と学校はどのように関わったらよいと思いますか」

 自由記述の回答の中に、次のようなものがあった。

「教師は長年の経験を生かしてもっと家庭に踏み込んでほしい」
「相談もしないし、期待もしていない」


 教室での子どもに“問題”を感じる。“長年の経験”をもとに、家庭でもっとこうしたらどうかということを伝える。たとえばしつけ、身辺自立、家庭学習の習慣、親子関係などなど。

 伝えた相手が前者のような家庭ならいいが、たまたま後者の考えを持つ保護者だったとしたら...。

 逆に、“問題”はなんとかしたいけれど何を話しても聞いてくれないだろうと、保護者への対応を減らしていくと、
「あの先生はなにもしてくれない」
 と言われるのは明らかだ。

 教師。つくづく因果な商売だ。


 ところで、みなさんはどちらに近い考えをお持ちですか。

web『たまてばこ』 No.135 2001-02-23-Fri