とっぷぺーじ

since 2000.10.07.
おふぃす
ひげうさぎ WHO?
お役立ちリンク
出席簿
濫読の記
ひげうさぎの本
∇よみもの
webたまてばこ
小学生の日記教室
頭の体操
図書室
メールマガジン

∇アルバム
こどもたち
図工作品集
ひめの部屋
「湘南」
∇オアフの風
写真集&旅行記
∇ひろば
うさぎの黒板
こどもの黒板
おえかき黒板
ついったー
めーる
メールはこちら



web『たまてばこ』




別れの終章

 10年前の3月、担任した2回目の6年生が卒業していった。
 「二代目」と命名したこのクラス。いいクラスだった。すてきな子どもたちだった。あらゆる面で、これ以上のクラスはできないと思っていた。しばらく高学年は担任したくないと思うほど、充実した2年間だった。

 2年前の4月、進級したばかりの君たちと出会った。5年1組の教室だった。
 3回目の高学年。6年生まで持ちあがれば、三代目の卒業生となるはずの君たちとの出会いだった。
 正直に言おう。君たち三代目は、二代目のクラスにはかなわないだろうと思っていた。あのときがすばらしすぎたから、二代目以上の子どもたちがいるなんて、想像することもできなかった。

 あれから2年がすぎた。
 いま、自信をもって言おう。君たち三代目は二代目をはるかに凌駕したと。

 卒業式の会場壁面を飾る自画像はどうだ。どれひとつとして手をぬいて描いたものはない。みな、澄んだ瞳でまっすぐ前を見つめている。鏡の中の自分と向きあって描いていたときの真剣な表情が、絵に正直にあらわれている。

 クラスのまとまり。高学年でこれほど仲のよいクラスをほかに見たことがない。一部がというのでなく、みんながみんな声をかけあえる、いっしょに遊べる、思いやれる...。

 体育館のドッジボール、運動場のサッカー。いつも男女まじりあっていっしょに遊んでいる姿がまぶしかった。

 縄跳び大会のときも、お別れ遠足のときも、“7人”発表のときも、いつもだれかが友だちのことを考えてくれていた。


 5年生の秋、一つの選択肢が提示された。翌年度、6年生を担任せず、別のところで働いてみないか、という誘いだった。
 ようやく半年をすぎたばかりのところ。まだ海のものとも山のものともつかない君たちだったから、あっさり次の担任に任せてしまうことも可能だった。
 迷わなかったと言えば嘘になる。迷った。迷ったけれど、君たちを選んだ。

 5年生の秋から始まる行事のオンパレード。T小祭、音楽会、縄跳び大会、送る立場の卒業式...。行事を終えるたびに、君たちはどんどん成長していった。一人ひとりに力がつき、クラスとしてまとまっていった。もしかすると、二代目を越えられるかもしれない。そんな気さえしてきた。

 そして持ちあがり、1年がすぎ、今日、卒業式を迎える。
 君たちを選んでよかった。


 最後にひとつ、教師くさいことを言うのを許してほしい。

 6年1組はたしかにすばらしいクラスだった。だから中学校での新しい生活が不安だという気持ちもよくわかる。
 でも、よく考えてほしい。このクラスをつくりあげたのは、担任ではなく、君たちなのだ。どこの教師だって「仲良くしなさい」ぐらい言うに決まっている。それに誠実にこたえてくれたのは、君たちなのだ。

  友だちがあなたに声をかけてくれたのは
  あなたが友だちに声をかけたから
  友だちがあなたを気づかってくれたのは
  あなたが友だちを気づかったから
  友だちといっしょに遊べたのは
  あなたが友だちを誘おうとしたから


 あえて言おう。「6年1組」をふりかえるな!
 ふりかえる必要のないほどすばらしい友だちを、生活を、楽しいときを、自分たちの手でつくりだせ!


「三代目」6年1組のおきて

その1:同窓会はディズニーシーで!
 言うまでもない。元担任はご招待、かな?
 いや、担任ぬきでいい。みんながそろったとき、初めて「お別れ遠足」がやりなおせる。
 それまでは、体育館でバスケかドッジ、運動場でサッカー。BGMはもちろんサザンの...。

その2:タバコを吸ってはいけない!
 これも問答無用。わがままで勝手なことばかり言っていた元担任の最後の妄言だと思ってくれ。

その3:最初の給料はご両親に 最初のボーナスは先生に!
 ハハハ、冗談。酒は飲めないから、どこかでうまいラーメンでもいっしょに食おう。それまでに「1、1、9、9」の問題が解けたら、ぼくのおごりだ。


 いまから1時間後、卒業式がはじまる。もう担任に頼ることはなにもない。君たち一人ひとりが主役なのだ。6年間のすべてを出しきって、かっこよく卒業していこう。

 この『たまてばこ2001』No.260をもって、2001年度T小学校6年1組のすべての教育活動を終了する。

  ありがとう
  すばらしいクラスをつくりあげた
  すてきな仲間たちに
  ありがとう



 最後になりました。
 おあずかりした大切なお子さんを、いまお返しいたします。
 いたらぬところ、不十分なところ、多々あったことと思います。いまは皆様のご寛恕を願うのみです。
 2年間、ほんとうにありがとうございました。

*6年1組学級通信『たまてばこ2001』No.260=最終号 より

web『たまてばこ』 No.311 2002-03-20-Wed