とっぷぺーじ

since 2000.10.07.
おふぃす
ひげうさぎ WHO?
お役立ちリンク
出席簿
濫読の記
ひげうさぎの本
∇よみもの
webたまてばこ
小学生の日記教室
頭の体操
図書室
メールマガジン

∇アルバム
こどもたち
図工作品集
ひめの部屋
「湘南」
∇オアフの風
写真集&旅行記
∇ひろば
うさぎの黒板
こどもの黒板
おえかき黒板
ついったー
めーる
メールはこちら



web『たまてばこ』





     


私的な、あまりにも私的なぼくの十大ニュース2006

10.PC4号機購入
 夏休みに入ってすぐ、PC2号機=B5ノートのHDDがクラッシュして業務に支障をきたし、あわてて4号機=新品モバイルノートを購入。5年のうちに性能も向上し、快適環境で作業能率もあがる。
 そこへ2号機の故障はHDDではなく復帰可能とのしらせ。デスクトップ=98、B5ノート=98SE、デスクトップ=XP、モバイルノート=XPの4機体制となり稼働の予定。

9.原付3号機購入
 ブレーキ修理に立ち寄ったバイク店で「これに乗るのは命懸けだな」とおどかされ、あわてて新車を購入。ジョグ、ジョルノと二代つづいたホンダ勢から、ヤマハの原付に乗り換える。車種はクリームイエローのヴィーノ。
 「命懸け」と言われたジョルノとは9年、2万キロ以上のつきあいだった。ご苦労さま。
 ほかにも、テレビとオーブンレンジがこわれて買い換え、ピアノに不具合が出て手を入れ、フェンスを修理し、エアコンを設置し、ウォシュレットが水漏れし、排水管がつまってしまい、車の車検があって...なにかと出費の嵩む1年だった。

8.濫読200冊達成
 年間目標の100冊は6月中にクリアし、年末には2年ぶりに200冊を突破。「読書に冊数のノルマなんてナンセンス」という外野の声には聞く耳をもたず、濫読生活にとっぷりつかった1年だった。
 その結果、家中に“本の柱”が乱立。「本を捨てる」のはもちろん、「本を売る」ことにも抵抗があるので、どうしたらよいものか苦慮しているところ。
 ところで、移籍した昨年より役職のついた今年のほうがたくさん読めたのはなぜだろう。仕事の手を抜いているわけではないと思うのだが。

7.雑誌取材初体験
 生まれて初めて雑誌の取材を受け、編集者さん、ライターさんと「読み聞かせと学力」について2時間ばかり話す。
 記事になったページを開くと、さすがプロ、趣旨をくみとり、2時間を2ページにじょうずにまとめてくださっていた。これなら実名・職名入りのプロフィールもはずかしくない。顔写真がないのが残念だったりして。

6.講演6回
 幼稚園やPTAから教職員の新任研修会まであちこちから声がかかり、“与太話”に出むくこと6回。新米校長のお手並み拝見といったところだろうか。
 指定された時間は20分から2時間半まで。理屈よりも実践を語る、同じ話はしない、時間を守る、の三点を自分に課し、勤務校のこともさりげなくPRしながらつとめをはたしてきた。主催者のご要望におこたえできたかどうか。

5.ブログ開設
 実名で学校のようすをネットにのせる。そのリスクは承知のうえではじめた学校ブログ「平和の窓」も、大きな問題にまきこまれることなく半年がたった。初期設定さえしっかりととのえておけば、日々のエントリはさほど苦にならない。
 アクセスのようすを見ると、学校の広報に貢献していることがよくわかる。

4.体重増加
 移籍1年目には減少傾向にあった体重が今年後半から増加に転じ、数年ぶりに大台に突入してしまった。新しいしごとに慣れてきたわけではなく、役職がついたことによるストレス太りだ...と自分に言い聞かせている。やせているときにそろえた服が着られなくなるのが心配のタネ。
 健康状態でいえば、喘息はあいかわらず季節ごとに律儀にやってくるが、転職前から悩まされているめまい・耳鳴りはここ1か月ほどおとなしくしてくれている。ご心配くださったみなさん、ありがとうございます。

3.はやみねさんと接近遭遇
 「名探偵夢水清志郎」シリーズ、「怪盗クイーンシリーズ」(ともに講談社青い鳥文庫)、「都会のトム&ソーヤ」シリーズ(講談社YA!エンタテインメント)などで大人気のはやみねかおるさんに初めてお目にかかることができた。
 小学校の先生をしながら作品を書いて出版し、二足のわらじから専業作家へ。あこがれの、そして自分ではけっしてできない生き方をされている先生だから、サインしていただいた新刊は宝物になった。
 接近遭遇=丸善本店でのサイン会のようすは「メールマガジン」に書いたので、興味があったらのぞいてみてください。

2.オアフ10日間
 昨年につづき、夏休みのお盆期間に家族旅行。もっとすいていて負担の少ない時期を利用したいのだが、しごとのつごうで一年のうちここしか出かけることができなくなってしまった。
 豚児の生活状態からみて、家族そろって長期の休みをとることがしばらくできなくなりそうなので、今年は思いきって8泊10日のぜいたく旅行を敢行。ひとつのアコモにこのくらい滞在できると、「ハワイ満喫!」という気分にひたることができる。
 のんびりしているうちに耳鳴りは消失、オアフはやはり癒しの島だ。

1.校長就任
 「いずれはせざるをえない」という思いでいたことはたしかだが、思いのほか早くそのときが来てしまった。こうなったら覚悟を決めるしかない。
  平和学園小学校 校長
  学校法人平和学園 理事
いくら児童数も職員数も少ない小さなところだとはいえ、学校ひとつ背負って立つことになる。やるからには最善をつくす、理想を追求する、その結果にたいしては責任をとる...いろいろな思いを胸に突っ走ってきた1年が、ようやく暮れようとしている。


★そして...★
 このページをそっとのぞいてくださる あなた と出会うことができました。ありがとうございます。
 来るべき年が あなた にとってすばらしい1年となりますように。

web『たまてばこ』 No.506 2006-12-31-Sun